名古屋市東区砂田橋の歯医者です。インプラントや審美治療、親知らずの抜歯など、歯のお悩みはお気軽にご相談ください。

被せもの(補綴物)について②銀歯について

こんにちはsmiley衛生士の澤田です
皆様いかがお過ごしでしょうか

 

前回、銀歯は欧州では使われなくなっているとお伝えしました
今回は詳しく銀歯の問題点についてお話していきます

 

銀歯は保険診療内で行えるため安価で、強度も高いというメリットがありますが、デメリットも多いです
代表的な3つのデメリットについてお話していきます

 

①歯科用金属アレルギー
⇒銀歯を入れることによって金属アレルギーを引き起こす事があります

 

銀歯は水分によってイオン化し、金属成分が溶け出すという性質があることが関係しています

 

唾液を介して金属成分が溶け出し、体内に運ばれ、蓄積され、
それが過剰になると金属アレルギーを起こすと言われています

 

症状が出る場所として口唇、口角など、さらにはお口の中だけに限らず、手のひらや足の裏など、
に発疹が出ることがあります

 

また、アトピー性皮膚炎や脱毛症などを発症することも報告されています

     
       発疹                口唇炎・口角炎

 

 

②金属による歯や歯ぐきの変色
⇒長期間、銀歯を使用することにより歯や歯ぐきが黒く変色することがあります
これも、唾液によって金属が溶け出していることが原因です

 

 

③二次虫歯のリスク
⇒虫歯治療に用いた詰め物や被せ物の隙間に虫歯菌が侵入し、歯が再度虫歯になってしまうこと

 

二次虫歯の大きな原因として詰め物や被せ物の劣化が挙げられます

 

虫歯は一度治したらもう安心できる、というわけではありません  
人工物である詰め物や被せ物が虫歯になることはありませんが、詰め物や被せ物と歯の境目に隙間が生じ、虫歯菌がたまって、そこからまた虫歯になります

 

特に保険適応である銀歯は、劣化が起きやすく二次虫歯になるリスクが高いと言われています

 

 

補綴物には様々な特徴があります
・安全性や耐久性
・虫歯の再発リスク
・長持ちするかどうか
・見た目の美しさ
             などなど…

 

患者様のお口の状態によってベストなものは変わってくるので、どのような治療を選ぶのかはとても重要なことです

 

次回はセラミックについて詳しくお話していきます

被せもの(補綴物)について①

こんにちは衛生士の澤田です

皆さん、いかがお過ごしですか?
最近は家で過ごされてる方も多いと思います
ブログはどんどん更新していこうと思いますので、よろしければ覗きに来てください

今回から当院で取り扱っている様々な補綴物についてお話していこうと思います


補綴物(ホテツブツ)とは虫歯治療で虫歯を除去した部分を補うための、
人工的な詰め物や被せ物の総称です。
その種類は様々ですが、今回は銀歯についてお話していこうと思います

銀歯は現在日本で保険診療で多く使われています



「銀歯」は”金銀パラジウム合金”という貴金属系合金のことをいいます
この金銀パラジウム合金は、組成として安定しており、生体親和性も良いことから
金合金の代用合金として使われてきました

しかし、この金銀パラジウム合金はドイツでは1993年から歯科医療でのパラジウム合金の使用を禁止する勧告が出たため、使用は禁止されました
またスウェーデンでは、身体への害を懸念され、妊婦と小児には完全に使用を禁止されいます
今では欧米の先進諸国では代わりにセラミック製のものが多く使われています

銀歯に実際どのような問題があるのか次のブログでお話いたします







 

ゴールデンウィーク診療日のお知らせ

いつもご来院いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の日程にて休診とさせていただきます。


4/29(水)休診
4/30(木)休診

5/1(金)、2(土)通常診療 

5/3 (日)~ 6(水)休診

以降5/7 (木)より通常診療に戻ります。


ご不便をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

お知らせ(新型コロナウイルス感染拡大防止について)


 
当院では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、問診表の記入、必要により体温測定をさせていただいております。
以下の症状のある方や感染の疑いのある方は止むを得ず治療を延期させていただきますのでご協力くださいますようお願い申しあげます。

(1) 風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が 4 日以上続いている。(解熱剤を飲み続け なければならない方も同様です)
(2) 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
(3) 高齢者や基礎疾患等のある方は、(1)または(2)の状態が 2 日程度続く場合。

すべてのスタッフのマスク着用、窓の開放、高機能空気清浄の使用、院内消毒(1日数回)を行い感染予防に努めていきます。
 

歯周病の話7・静かに進行する歯周病

こんにちは!衛生士の澤田です


今年も早いもので三か月が過ぎました
暖かい日も増え始め春の始まりを感じます



第七回「静かに進行する歯周病」
今回は歯周病は”自覚症状がなく進行していく”と言われている理由についてお話させていただきます


なぜ歯周病は強い痛みが出ないまま進行するのでしょうか
その理由として…体の細胞が関係しています



健康な骨の状態を維持するために、ヒトの体の中には「骨を作る細胞」と「骨を溶かす細胞」が協力して骨をつくったり、壊したりしています
歯を支える骨(=歯槽骨と言います)に歯周病菌がやってくると、歯の周りの環境が変化し、
「骨を溶かす細胞」の活動を異常に活発にしてしまいます


この骨を溶かす細胞の事を「破骨細胞」と言います

破骨細胞は私たちの身体をつくる細胞の一員なので、活発に活動しても変化に気づきにくく、さらに痛みが生じにくいのです
そうして気づかぬうちに歯槽骨が歯周病菌によって溶かされ、
揺れや強い痛み、膿などが出始めた時には重症化しています



最悪の場合、虫歯や歯周病が進行によって、歯の根の治療や抜歯になることも考えられます
そうなると費用や治療にかかる時間も大きくなってしまいます…

そうならないために…
お口の中を清潔に保ち、歯周病菌が悪さできない環境にすることがとても重要になってきます。


毎日のセルフケアに加え、歯が痛くなる前に2.3か月に一度の定期検診の受診を強くお勧めします

歯のクリーニングを定期的に行うことは、虫歯や歯周病を未然に防ぐのにとっても効果テキメンです
普段のケアで届きづらい部分のクリーニングは私たち歯科衛生士にお任せください

ここ まで歯周病のお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか
皆様のお口の理解に少しでもお役に立てれたら幸いです



ここ最近では新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が懸念されています。
当院でも感染予防の徹底を図っています。
皆様も体調に気を付けてお過ごしください。

参考文献
クインテッセンス出版 天野ドクターの歯周病絵本 バイオフィルム公国物語
 

月別カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ