名古屋市東区砂田橋の歯医者です。インプラントや審美治療、親知らずの抜歯など、歯のお悩みはお気軽にご相談ください。

歯周病について

歯周病は歯を失う原因の第一位です。

こんな症状はありませんか?

  • 歯磨きすると血が出る、ブラシに血がつく。
  • 歯茎が腫れている
  • 歯がグラグラする。
  • 歯が浮いてる感じがする。
  • 口の中が苦い、口臭が気になる
  • 口の中がネバネバする。
  • 歯がしみる
  • 噛み合わせが悪くなってきた気がする。
  • 歯と歯の間のものが詰まりやすい。隙間があいてきた。

歯周病は20代で歯周病菌が口腔内に感染することが原因といわれています。たとえ歯周病菌がいなくても歯磨きが行き届かない部分に汚れが沈着し、歯こうや歯石になり、不潔性に炎症を引き起こす歯周病もあります。多くの場合、歯ブラシ時の出血など、軽度の症状しかでないことが一般的で、知らぬ間に深刻な状態にまで、病状が悪化しているケースがあります。中高年で歯を失う原因の半分は歯周病です。また最近の研究では歯周病菌が糖尿病や心臓病、早産などと関っていることが報告されています。早期発見、早期治療、メンテナンスの継続で歯周病を防ぎましょう。

歯石を取り除き顕微鏡で見てみると、
毒性を持った無数の細菌が確認できます。

この繁殖してまった多種類の細菌の集合体(バイオフィルム)は家庭でのブラッシングでは容易に除去する事ができません。

Before

After

歯茎が下がり、歯の動揺と歯茎の腫れを認めます。ほとんど噛めなくなってしまいました。歯周治療と義歯、インプラントなどで治療可能ですが、治療期間や費用はかかってしまいます。

歯周病の進行について

歯周ポケットの中に細菌が溜まり歯周病は進行します。

歯周ポケットとは、歯とハグキの境目の溝をいいます。歯周ポケット内に溜まったお口の汚れ(プラーク)の中では細菌が繁殖しやすく、硬くて歯ブラシではとれない歯石もできて、ハグキの炎症を進めます。その結果、歯を支える土台である歯槽骨を溶かしていきます。

歯周 ポケット3mm以下

歯周 ポケット3mm~6mm

健康な状態

歯肉はピンクで引き締まっている。

歯肉炎

歯肉が赤くはれる。出血する場合が出てくる。

歯周病

口臭や膿、違和感など自覚症状が感じられる。

症状がある場合は歯周病が進行している危険があります、早めに歯科医院にご相談下さい。また、歯周病を未然に防ぐには定期検診が大切です。症状が見られない場合も歯科医院で診察を受けるようにしましょう。

歯周病治療の流れ

診査

歯周ポケット測定、噛み合わせ、レントゲン写真などからお口の状況を把握します。歯茎が腫れているなど、症状のある方は状態に応じて、応急処置として歯石除去や膿を出す処置、抗生物質の投薬などを行います。

プラークコントロール

正しいブラッシングができているか確認し、自宅でのブラッシング方法や、
口腔内を清潔に保つための方法をひとりひとりに合った方法でお伝えします。

スケーリング

歯の表面にこびりついたプラークや歯石、着色などを取り除きます。

ルートプレーニング

歯茎の中に歯石がついている場合に行います。歯の根の表面についた汚れを丁寧に取り除いていきます。痛みがないよう、一歯ずつハンドスケーリングにて行い、表面を滑沢にしていきます。

歯周病予防にはこちらの機器を使用します。
歯の奥のほうなど、複雑で届きにくい箇所の汚れも落とすことが出来ます。

再評価
再評価

再評価にて歯肉の腫れ、歯周ポケットの改善がなされているかを確認します。

歯周外科処置

ここまでの歯周治療で歯茎の炎症がとれない場合は、中の歯石などの汚れが完全に取り除けていないことが考えられますので、直接歯茎の中を確認して行う歯周外科処置に移行します。

メンテナンス

歯周ポケットからの出血がなくなったらメンテナンスに移行いたします。
歯周病のステージによって、またブラッシング状況に応じて定期的な歯石除去をおすすめしています。(3~6ヶ月)早めのメンテナンスをすることで、状態の悪化を防ぐことができ、歯石も取りやすい状態なため、治療も快適に行えます。

Before

Before

After

After

歯科医院で行う定期健診で
ご自身の大切な歯を守っていきましょう。

歯周病は感染症です。細菌をまったくゼロにすることは残念ながらできません。したがってメンテナンスで悪玉歯周病菌が増加しないようにする必要があります。
3~4ヶ月に一度の歯科医院での定期健診で健康状態を維持し、大切な歯を守っていきましょう。