名古屋市東区にある大曽根歯科アッシュの予防処置

予防処置 PREVENTION

予防処置について

治療終了後のメンテナンス

当院では多くの患者さまが治療終了後に定期的な口腔ケアで来院されます。
予防処置の目的はお口の健康を維持して自分の歯を長く保っていくことにあります。予防処置を行う事によりむし歯や歯周病を早期発見することで削る歯を少なくしたり、歯周病の進行をくい止めたりとメリットがあります。
今健康な人でも磨き残しのチェックや歯石除去や、またはPMTC(衛生士による専門ケア)を行うことでむし歯や歯周病になりにくい健康な状態を維持していきましょう。

このような方におすすめです

  • むし歯を予防したい
  • 着色汚れをなんとかしたい
  • 歯周病を予防したい
  • ヤニが気になる
  • 口臭が気になる
  • いつまでも健康な歯でいたい など
  • 歯石を除去したい

予防処置のメリット

むし歯や歯周病を防ぐ!
  • むし歯
  • 歯周病

悪くなりかけた口腔内環境を改善でき、
むし歯や歯周病の兆候をいち早く見つけることができます。

痛い思いをしないですむ
もしむし歯が見つかっても初期で治療できるため、痛みをほとんど感じない簡単な処置で済みます。
医療費を抑えられる
むし歯や歯周病の治療費よりも、予防処置を行うと将来的に治療費を安く済ませることができます。

-Dental Check-

むし歯・歯周病を防ぐには定期検診が大切です。
症状が現れる前に歯科医院で定期検診を受けるようにしましょう。

定期検診の流れ

01 ブラッシング状態のチェック

汚れているところが、患者さま自身によくわかるように、プラークの染め出しをします。
赤く着色したところがプラークです。(行なわなくても良い場合もあります)

02 プラークコントロールチェック(TBI)

粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げます。
タバコのヤニ、お茶、ワインなどによる着色が多い方は、専用の機械を使い、着色を落とします。

03 歯石除去

消毒薬を含んだ洗浄液でお口のなかをきれいにして、ポケット内や歯を洗浄します。

04 研磨

フッ素を歯の表面に塗り、むし歯を予防して歯を強くします。

フッ素塗布

歯を守るフッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化、エナメル質の強化などの効果があり、歯に塗ることにより、むし歯の予防効果があります。生えたての歯はフッ素吸収がよく、1歳半くらいから歯が生える度に塗布し、3ヶ月~6ヶ月おきに塗ると効果が高まります。

  • むし歯に強い歯質を作る
  • 歯の再石灰化を促進
  • むし歯菌の活動を低下

ブラッシング指導

正しいブラッシング指導

きちんとブラッシング出来ているつもりでも意外と汚れが残っています。正しいブラッシングはとても難しいのです。そのため、ブラッシング指導を受けることが重要です。せっかく医院で治療を受けても毎日のブラッシングが出来ていないとトラブルが発生してしまいます。
年齢や歯並びでブラッシング方法は異なるので、患者さまにあったブラッシング指導を行っていきます。磨き残しのないお口を目指して一緒に頑張っていきましょう。