名古屋市東区砂田橋の歯医者です。インプラントや審美治療、親知らずの抜歯など、歯のお悩みはお気軽にご相談ください。

お知らせ(新型コロナウイルス感染拡大防止について)


 
当院では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、問診表の記入、必要により体温測定をさせていただいております。
以下の症状のある方や感染の疑いのある方は止むを得ず治療を延期させていただきますのでご協力くださいますようお願い申しあげます。

(1) 風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が 4 日以上続いている。(解熱剤を飲み続け なければならない方も同様です)
(2) 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
(3) 高齢者や基礎疾患等のある方は、(1)または(2)の状態が 2 日程度続く場合。

すべてのスタッフのマスク着用、窓の開放、高機能空気清浄の使用、院内消毒(1日数回)を行い感染予防に努めていきます。
 

歯周病の話7・静かに進行する歯周病

こんにちは!衛生士の澤田です


今年も早いもので三か月が過ぎました
暖かい日も増え始め春の始まりを感じます



第七回「静かに進行する歯周病」
今回は歯周病は”自覚症状がなく進行していく”と言われている理由についてお話させていただきます


なぜ歯周病は強い痛みが出ないまま進行するのでしょうか
その理由として…体の細胞が関係しています



健康な骨の状態を維持するために、ヒトの体の中には「骨を作る細胞」と「骨を溶かす細胞」が協力して骨をつくったり、壊したりしています
歯を支える骨(=歯槽骨と言います)に歯周病菌がやってくると、歯の周りの環境が変化し、
「骨を溶かす細胞」の活動を異常に活発にしてしまいます


この骨を溶かす細胞の事を「破骨細胞」と言います

破骨細胞は私たちの身体をつくる細胞の一員なので、活発に活動しても変化に気づきにくく、さらに痛みが生じにくいのです
そうして気づかぬうちに歯槽骨が歯周病菌によって溶かされ、
揺れや強い痛み、膿などが出始めた時には重症化しています



最悪の場合、虫歯や歯周病が進行によって、歯の根の治療や抜歯になることも考えられます
そうなると費用や治療にかかる時間も大きくなってしまいます…

そうならないために…
お口の中を清潔に保ち、歯周病菌が悪さできない環境にすることがとても重要になってきます。


毎日のセルフケアに加え、歯が痛くなる前に2.3か月に一度の定期検診の受診を強くお勧めします

歯のクリーニングを定期的に行うことは、虫歯や歯周病を未然に防ぐのにとっても効果テキメンです
普段のケアで届きづらい部分のクリーニングは私たち歯科衛生士にお任せください

ここ まで歯周病のお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか
皆様のお口の理解に少しでもお役に立てれたら幸いです



ここ最近では新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が懸念されています。
当院でも感染予防の徹底を図っています。
皆様も体調に気を付けてお過ごしください。

参考文献
クインテッセンス出版 天野ドクターの歯周病絵本 バイオフィルム公国物語
 

歯周病の話6・お酒とタバコと歯周病

こんにちは衛生士の澤田です!

本年も残りわずかとなりましたlaugh
2019年はどのような一年でしたでしょうか

私は多くの患者様の担当をさせていただき、とても有意義な一年でした
来年も頑張りますので、引き続きよろしくお願いします



第6回「お酒タバコと歯周病」


お酒とタバコは歯周病をなぜ悪化させるかご存知でしょうか

お酒の中に含まれるアルコールは、
肝臓で非常に強い毒性をもつアセトアルデヒド(←吐き気などを引き起こす2日酔いの原因)と代謝されますが、


このアセトアルデヒドは歯茎を弱らせ、歯周ポケットからの出血を増やすと言われています


歯周病菌の栄養源は鉄(血液)でした
そのため出血が増えれば歯周病菌は活発になり増殖し始め、歯周病を悪化させていきます


歯茎の調子が良くないなあと思われた時はお酒の飲み過ぎにはお気を付けください



次に、タバコの煙の中には約4000種類の化学物質が含まれ、その内の約200種類が有害物質だと言われています


タバコに含まれるニコチンは血管の流れを悪くし、身体の抵抗力を下げます
そのため、歯周病になりやすくなったり、さらには治りにくくなります…
実際に歯周治療を始めても治りづらいことが多いです


残念ながら喫煙は歯周病にとっても良いことはないようです
 

人生を長く楽しむためにも、時々、日頃の生活習慣を見直し、身体をケアしてみてはいかがでしょう
 

次回は「歯周病は痛みを感じることなく静かに進行していく」です


冷え込む日が続いています
インフルエンザも流行ってきてますので体調に気を付けてお過ごしください
 

参考文献
天野ドクターの歯周病絵本バイオフィルム公国物語/クインテッセンス出版株式会社
禁煙推進ウェブサイト/日本医師会

 

冬期休暇のお知らせ

【お知らせ】
12月28日午後(土)~翌年1月3日(金)まで冬季休暇をいただきます。
※12月28日(土)、1月4日(土)は午前まで診療を行っております。
新年は1月6日(月)より通常診療させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

歯周病の話5・感染はどこから?

こんにちは衛生士の澤田です
肌寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか
私はすでにマフラーが手放せませんlaugh


第五回「感染はどこから?」



前回は細菌の定着についてお話ししました
今回は歯周病菌の感染経路、いつどこからうつるのかです!


感染する時期は、子供の頃と限定されいる虫歯菌と違い、
歯周病菌は成人になってから感染することが分かっています

感染経路は、歯周病菌を保有している人の唾液が
お箸、スプーンの共用などから口に入り感染していきます
パートナーとのキスなどでも感染すると言われています

しかし強力な歯周病菌であるレッドコンプレックスらは絶対に感染するわけではありません


歯ぐきが引き締まって出血がなく、鉄が得られない状態のお口の中であれば、
レッドコンプレックスが中に入ったとしても栄養源である鉄を調達できないからです

お口の中を清潔に保つことでお口の中に広がることを防ぐことができます



今回は感染経路についてお話ししましたsmileyお箸やスプーンの共用は気をつけたいですね
ご家族揃ってメンテナンスされることもおすすめします!


次回は…歯周病とお酒、たばこの関係とはです

急に寒さが増して身体の免疫力も落ちる時期です。暖かくして健康にご留意くださいlaugh
イベントの多い季節を楽しみましょう



参考文献:天野ドクターの歯周病絵本 バイオフィルム公国物語/クインテッセンス出版株式会社


 

月別カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ