こんにちは衛生士の澤田です

皆さん、いかがお過ごしですか?
最近は家で過ごされてる方も多いと思います
ブログはどんどん更新していこうと思いますので、よろしければ覗きに来てください

今回から当院で取り扱っている様々な補綴物についてお話していこうと思います


補綴物(ホテツブツ)とは虫歯治療で虫歯を除去した部分を補うための、
人工的な詰め物や被せ物の総称です。
その種類は様々ですが、今回は銀歯についてお話していこうと思います

銀歯は現在日本で保険診療で多く使われています



「銀歯」は”金銀パラジウム合金”という貴金属系合金のことをいいます
この金銀パラジウム合金は、組成として安定しており、生体親和性も良いことから
金合金の代用合金として使われてきました

しかし、この金銀パラジウム合金はドイツでは1993年から歯科医療でのパラジウム合金の使用を禁止する勧告が出たため、使用は禁止されました
またスウェーデンでは、身体への害を懸念され、妊婦と小児には完全に使用を禁止されいます
今では欧米の先進諸国では代わりにセラミック製のものが多く使われています

銀歯に実際どのような問題があるのか次のブログでお話いたします